今年の萌えっこ春待里は中止します。

本日の会議で決定いたしました。

yukari murayama

 2月27日(木)、留萌市中央公民館で萌えっこ春待里実行委員会が開催され、その中で今年の萌えっこは中止が決定いたしました。
 これは、昨今における新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、感染機会を減らすための対策として一定期間の文化・スポーツイベントを中止するよう政府からの指針が示されたことを受けての決定です。
 ばんばレースやグルメ街道への出店など、ご参加いただく予定だった皆様におかれましては大変申し訳ない結果となりましたが、来場者への安全面を最優先とした判断であることを考慮くださり、ご了解いただきますようお願い申し上げます。
 なお、すでにご購入いただいたカンパ券ですが、今年度につきましては皆様に返金させていただくこととなりました。準備が整いましたら、順次ご連絡をいたしますので、今しばらくお待ちください。
 来年こそは、開催できると良いですね。その時には、また改めて皆様にご挨拶いたします!萌えっこ春待里はまだまだ続いていきます。

 

ばんばレース・キャプテン会議が行われました。

今年は史上最多数のチームが参加します!

yukari murayama

 少し間が空いてしまいました。2月21日(金)、留萌市中央公民館でばんばレースのキャプテン会議が行われ、レースに関する諸注意の説明やトーナメントの組み合わせ抽選が行われました。
 今年はばんばレース始まって以来という、総勢22チームが参加。優勝賞金の10万円を目指し、過酷なレースに挑戦します。今年の変更点としては、レギュレーションの一部が改定され、選手の年齢によってスタート時にハンディをつけることが決定しています。
 参加チームの紹介や細かい説明は、ばんばレースのページでご確認ください!
 →萌っこばんばレース情報ページ

 また、会場でのアトラクションとして、これまでの小学生を対象としたサッカーPK戦の代わりに、今年は「万歩計フリフリ対決」「フライングディスク・ストラックアウト」といった、誰でも参加できるゲームを予定しています。当日、ぜひ参加してみてください。

 今後の予定
 2月27日(木) 第3回実行委員会 留萌市中央公民館

 
yukari murayama

 すっかり更新が遅れてしまいました。まずは取り急ぎ、「萌っこ春待里2020」を開催します!
 今年で第22回目となるこのイベント、概要はこちらです。ちなみに、今年の変更点としては、ここ数年行なっていた小学生対象の「サッカーPK戦」を中止し、新たに会場の誰でもが参加できるゲームを2種類用意することなどが決まっています。また、今年は折からの小雪のため、滑り台の大きさが若干小さくなることなどが決定したそうですよ。
開催目的
「みんなで楽しもう」「みんなの手で創り上げよう」を合い言葉に、多くの市民が力を結集して手づくりの祭りを開催。地域活動などでマチづくりに関わる女性グループやボランティア団体等が一つの輪になり元気な留萌の顔をつくりあげること。特に、次代を担う子供たちにふるさとの祭りを多いに楽しんでもらい、郷土意識の高揚を図る。
さらに、子供からお年寄りまで幅広い層の住民が気軽に参加できるプログラムで異世代間の交流を図る。

主  催 萌っこ春待里実行委員会

後  援 陸上自衛隊留萌駐屯地、留萌市、留萌振興局、留萌開発建設部、留萌商工会議所、留萌観光協会

協  賛 北海道新聞社、留萌新聞社

開催日時 令和2年3月8日(日)10:00~14:00

開催場所 陸上自衛隊留萌駐屯地グラウンド

参加対象 一般住民

開催内容 ・各種競技
      ①萌えっこばんばレース
      ②なかよし親子バトル(親子によるボブスレー競争)
     ・エビマーチ披露 ・じゃんけん大会
     ・コメファイタークイズ大会
     ・巨大滑り台 ・グルメ街道 ・カンパ券大抽選会
     ・郵便提供もちまき(大人対象) ・お菓子まき(子供対象)
交通機関 カンパ券持参の場合、市内循環バス(自衛隊前)乗降無料
※内容は変更になる場合があります。
 余談ですが、今年は2020年、萌っこ春待里も22回目と言うことで数字がお揃いです。なんの根拠もありませんが、なんだか縁起が良い年になりそうです!

 

ポスターができました!

ころんた君はオフィシャルキャラクターです。

yukari murayama

 第22回目となる今回の萌っこ春待里のポスターが完成し、市内外に多数掲示されています。こちらでもご紹介いたしますね。

 モチーフとなっている雪だるまのころんた君は萌っこの公式キャラクターとなっており、当日は会場内にも登場します。是非一緒に記念撮影をしてみてくださいね。ポスターも毎年ころんた君をテーマに様々なシチュエーションで図案化しているのですが、今年は最近の静かなブーム、ボードゲームとコラボしたようですね。テーマについては作者の角谷さん曰く「賽は投げられた」だとか?

会場のご案内です。

場所は陸上自衛隊留萌駐屯地グラウンドです。

takuya ono

萌っこ春待里は留萌市のイベントです。会場は陸上自衛隊留萌駐屯地グラウンドで開催されます。
当日は駐車場が非常に込み合うため、公共交通機関(市内循環バス)のご利用をお勧めします。ちなみに、萌っこ春待里カンパ券をお買い求めいただきますと、自衛隊前の乗り降りに限りバスが無料でご利用いただけます。

留萌市について
 留萌管内の中心都市である留萌市の人口は約2万3千人。北海道の北西に位置する日本海に面した港町。昭和20年代まではニシン漁の中心地として賑わいをみせ、現在は、カズノコの国内最大の生産を誇ります。また、日本一夕日が美しい「黄金岬」や、市内一円が展望できる「千望台」、南に暑寒別岳、北は天売・焼尻島、礼文島が眺望できる「礼受牧場」などおすすめ観光スポットのほか、市民の記念植樹でつくり上げている「21世紀桜の丘」は、憩いの景観が広がっています。
 歌手のあがた森魚、佐藤勝、ダン池田、掟ポルシェ、トマトキューブなど音楽関係の有名人を多く輩出している土地柄でもあるのです。
 平成16年10月、コミュニティFM局「エフエムもえる」が開局し、まちの聴こえる回覧板としてマチの情報発信を継続しています。


より大きな地図で 萌っこ春待里会場 を表示

 

萌っこばんばレースについて

萌っこで行われるメイン競技、ばんばレース。出場チーム募集中です。

Takuya Ono


 700キロという重量のニシン舟を引いてその速さを競うという萌っこ春待里のメイン競技、萌っこばんばレース。春を告げる魚と呼ばれていたニシン漁をイメージし、ニシンで栄えた留萌の歴史を象徴する競技となっています。
 さてそのばんばレースは今年も開催いたします。競技の概要など、詳しい情報はこちらからどうぞ。

 →萌っこばんばレース情報ページ

 

お問い合わせ先

イベントについてのお問い合わせはこちらまで。

yukari murayama

萌っこ春待里事務局
 村山ゆかり
 電 話:090ー7658ー6633
 メール:ma-rin-1●agate.plala.or.jp(●を@に変更してください)

ホームページに関するお問い合わせはこちらです
 担 当:小野卓也
 メール:garakutanews@gmail.com