萌っこ春待里の中止が決定しました。

悪天候が予想されています・・・

yukari murayama

 昨年から準備を進めて参りました2017年第19回萌っこ春待里ですが、当日の悪天候が予想されるため、3月4日に中止を決定いたしました。留萌市内に暴風雪警報が発令されており、今後も天候の回復が難しいと予想されることから、実行委員会により中止を決断した次第です。
 大変残念であり、ご協力いただいた皆様には本当に申し訳ありませんが、安全性を最優先に考慮しての決定ということで、ご了承下さりますよう、お願い申し上げます。

yukari murayama

 2月21日(火)、萌っこばんばレースのキャプテン会議が開催され、出場チームとトーナメントの組み合わせが確定いたしました。今年は出場が13チーム、その内3チームが女性チームになります。組み合わせやチーム紹介動画などは、ばんばレースのページでご確認下さいませ。
 →萌っこばんばレース

最後の実行委員会が行われました。

3月5日はもう目の前ですね!

Takuya Ono

 さて、2月14日(火)、最後の実行委員会が開催されました。当日や前日準備の打ち合わせ、参加スタッフ数の確認、テント位置の説明、各種競技の調整などが行われ、あとは各自が担当を全うするのみといった感じになっております。

 紹介が遅れましたが、実行委員長3人娘のご紹介。左から工藤由美子さん、、鈴田亜湖さん、村山ゆかりさんです。各種団体との調整やイベントのPR、カンパ券の販売など多岐に渡り頑張っていただいております。本番まで猛一踏ん張り、よろしくお願いいたしますね。

 総合司会は一昨年からの恒例、梅田三樹さんです。梅田さんを中心に実行委員長の工藤さん、鈴田さんがサポートとして司会にあたります。
 2月21日はいよいよばんばレースの組み合わせ抽選会です。今年はどんなチームが出場するのか、楽しみにしていてくださいね!

今後の予定をご案内します。

当日までの会議・打ち合わせなど。

Takuya Ono

今後の予定
当日までの会議や打ち合わせなどについてご案内いたしますね。

2月 8日(水)出展者会議 18時から

2月14日(火)第3回実行委員会 18時30分から

2月21日(火)萌っこばんばレースキャプテン会議 18時30分から

 ※会場はいずれも留萌市中央公民館です。部屋などは当日会場でご確認ください。
 ちなみに、萌っこばんばレースの参加募集〆切は2月20日(月)ですのでお忘れなく!

 
yukari murayama

 ばんばレース以外にも子ども達が参加できる競技を開催してイベントを盛り上げよう、ということで始まった「萌っこサッカーPK戦」。今年も多くの方の参加をお待ちしております。

開催内容
日 程  萌っこ春待里当日、午前10時から午後2時

参加方法 小学校4〜6年生3人で1チーム、保護者代表を責任者とする

内 容  PK戦によるトーナメント。ゴールは高さ2m、幅3mで、5m手前から蹴る
     トーナメント方式で優勝チームを決定します。
抽 選  3月5日当日、9時45分に本部前で抽選を行います。

商 品  優勝・準優勝チームには図書カード、その他のチームには参加賞を贈呈します。

注意事項 ・募集締め切りは2月23日(木)
     ・チームは当日必ず抽選に間に合うように来ること
     ・競技開始は10時15分

応募方法 参加者(氏名、学校名、学年名)、責任者、チーム名、連絡先を明記し、事務局までファックスかメールで送付してください。

ポスターができました。

ころん太が主役です。

Takuya Ono

 第19回萌っこ春待里(はるまつり)のポスターが完成しました。製作は第1回めから角谷亨仙(ゆきひさ)氏にお願いしています。写真の雪だるまは萌っこ春待里のイメージキャラクター、「ころん太」です。当日は会場に本物も登場しますのでお楽しみに!
 ※画像をクリックするとポスターがご覧いただけます。

 
yukari murayama

 すっかり更新が遅れてしまいました。まずは取り急ぎ、「萌っこ春待里」は2017年も開催します!
 概要はこちら。
開催目的
「みんなで楽しもう」「みんなの手で創り上げよう」を合い言葉に、多くの市民が力を結集して手づくりの祭りを開催。地域活動などでマチづくりに関わる女性グループやボランティア団体等が一つの輪になり元気な留萌の顔をつくりあげること。特に、次代を担う子供たちにふるさとの祭りを多いに楽しんでもらい、郷土意識の高揚を図る。
さらに、子供からお年寄りまで幅広い層の住民が気軽に参加できるプログラムで異世代間の交流を図る。

主  催 萌っこ春待里実行委員会

後  援 陸上自衛隊留萌駐屯地、留萌市、留萌振興局、留萌開発建設部、留萌商工会議所、留萌観光協会

協  賛 北海道新聞社、留萌新聞社

開催日時 平成29年3月5日(日)10:00~14:00

開催場所 陸上自衛隊留萌駐屯地グラウンド

参加対象 一般住民

交通機関 カンパ券持参の場合、市内循環バス(自衛隊前)乗降無料

会場のご案内です。

場所は陸上自衛隊留萌駐屯地グラウンドです。

takuya ono

萌っこ春待里は留萌市のイベントです。会場は陸上自衛隊留萌駐屯地グラウンドで開催されます。
当日は駐車場が非常に込み合うため、公共交通機関(市内循環バス)のご利用をお勧めします。ちなみに、萌っこ春待里カンパ券をお買い求めいただきますと、自衛隊前の乗り降りに限りバスが無料でご利用いただけます。

留萌市について
 留萌管内の中心都市である留萌市の人口は約2万3千人。北海道の北西に位置する日本海に面した港町。昭和20年代まではニシン漁の中心地として賑わいをみせ、現在は、カズノコの国内最大の生産を誇ります。また、日本一夕日が美しい「黄金岬」や、市内一円が展望できる「千望台」、南に暑寒別岳、北は天売・焼尻島、礼文島が眺望できる「礼受牧場」などおすすめ観光スポットのほか、市民の記念植樹でつくり上げている「21世紀桜の丘」は、憩いの景観が広がっています。
 歌手のあがた森魚、佐藤勝、ダン池田、掟ポルシェ、トマトキューブなど音楽関係の有名人を多く輩出している土地柄でもあるのです。
 平成16年10月、コミュニティFM局「エフエムもえる」が開局し、まちの聴こえる回覧板としてマチの情報発信を継続しています。


より大きな地図で 萌っこ春待里会場 を表示

 

萌っこばんばレースについて

萌っこで行われるメイン競技、ばんばレース。出場チーム募集中です。

Takuya Ono


 700キロという重量のニシン舟を引いてその速さを競うという萌っこ春待里のメイン競技、萌っこばんばレース。春を告げる魚と呼ばれていたニシン漁をイメージし、ニシンで栄えた留萌の歴史を象徴する競技となっています。
 さてそのばんばレースは今年も開催いたします。競技の概要など、詳しい情報はこちらからどうぞ。

 →萌っこばんばレース情報ページ

 

お問い合わせ先

イベントについてのお問い合わせはこちらまで。

yukari murayama

萌っこ春待里事務局
 村山ゆかり
 電 話:090ー7658ー6633
 メール:ma-rin-1●agate.plala.or.jp(●を@に変更してください)

ホームページに関するお問い合わせはこちらです
 担 当:小野卓也
 メール:garakutanews@gmail.com