地方議会改革を住民の福祉向上に

P1120430
8日、稚内市議会主催の議員研修会に参加しました。
講師は、山梨学院大学法学部の江藤俊昭さん。
「地方議会を住民の福祉向上に」~議会からの制作サイクルを創り出す~と題し2時間にわたって、議会改革を軸としたこれから求められる議会づくりについて学びました。
議会改革とは、地域民主主義の確立。議員の資質向上よりもどのような議会づくりをするかが課題。自治は、今までと違った活動を求めている。議会の活動を住民に分かってもらうこと。議会改革を福祉の向上に繋げようと話す。
更に議員報酬・定数を議論する際に、新しい議会運営、つまり議会力アップの視点は不可欠であるとし、「議員が陥りやすい報酬・定数の論点」について示唆しました。
現在、留萌市議会では、議員定数について協議中であり、議会基本条例の10月施行を目指しており、大変参考となりました。

No Comments Yet.

Leave a comment